リースのメリット

コピー機コピー機をリースする時に知っておかなければならないのが、リースすることで得られるメリットではないでしょうか。一般的にリースよりも購入の方が、トータルコストに優れていると言われています。トータルコストに優れているのに、なぜ購入ではなく、リースで利用する人がいるのかがわかれば、リースのメリットについても把握できます。リースのメリットで大きいのが、初期投資をコンパクトにすることができる点です。リースの場合は、自分たちの代わりにリース会社がコピー機を購入するかたちで契約しますので、大きな初期投資を行う必要がありません。

コピー機は、性能の良いものになると、値段が高額になってしまいますので、その初期投資を削減できるのは非常に大きなメリットでしょう。まだまだ軌道に乗っていない会社などにおいては、購入するための初期費用を準備できないこともありますので、リースのメリットがより際立つでしょう。状況によって異なってきますが、場合によっては初期投資0円で契約することも可能です。

ですから、新しい会社や事業をスタートさせる上で、初期投資をできるだけ軽減したいと思っているなら、購入ではなく、リースを選ぶことによって、メリットをしっかりと活かすことができるでしょう。


≪参考≫
コピー機のリース:OAランド