サポート体制

サポートコピー機のリース契約をするなら、サポート体制についてもしっかりと確認しておきたいものです。コピー機というのは、会社にとって、非常に重要な機器になるので、トラブルで1日使えなくなっただけであっても、業務の効率は大幅に落ちてしまうことになります。複数のコピー機があるのなら問題はありませんが、1台のコピー機で運用している場合には、その機器がトラブルで動かなくなってしまうだけで、深刻なダメージを受けてしまうことになります。このように考えると、コピー機のサポート体制は、非常に重要になってきます。

リース契約のサポート体制というのは、リース契約とは別に保守契約を結ぶかたちになります。リース契約というのは、あくまでもコピー機本体を借りるためのものです。メンテナンス費用などについては含まれていません。それを補う目的で契約するのが保守契約で、消耗品の交換や、故障時に迅速なサポートを受けられます。

しかし、会社によって料金やサポート体制は異なっていますので、速さを求めるのなら、事前にしっかりとサポート体制の整った会社を選んでおく必要があります。場合によっては、このサポート体制が会社の命運を分けることもあるのです。